株初心者のための株式投資講座チャート分析講座ローソク足の基礎知識>三空

人気証券会社ランキング

三空 / ローソク足の基礎知識

三空(さんくう)とは、3回連続で窓(ギャップ)を開けて動くローソク足の組み合わせ。非常に強い(または弱い)相場展開を示しているが3日連続で窓を開けるというのは行き過ぎであり過熱感が出ているとみられる。酒田五法の一つ

スポンサーリンク

三空のローソク足 基本と活用例

 


三空のローソク足は、上方向に窓を開ける三空踏み上げと、下方向に窓を開ける三空叩き落としの2種類があります。

形はとてもシンプルですね。

三空踏み上げは強い買いが持続している状態で3連続で窓を開けた上昇を3日連続で続けていることを指します。逆に三空叩き落としは強い売りが持続的に入っており3日連続で窓を開けて下落していることを指します。

なお、それぞれは全部が陽線続き(陰線続き)である必要はありません。3日連続で窓を開けた上で窓を埋めていないことが重要です。

このような相場はイケイケムードや悲壮感が場を支配しがちですが、行き過ぎを示してもいるわけです。

このような状況での売りや買いは「逆張り」となるため勇気がいりますが、相場の転換点となるというのがこの三空となります。

三空踏み上げは「売りシグナル」、三空叩き落としは「買いシグナル」というわけですね。

 

その他のローソク足の組み合わせの種類と特徴

<このカテゴリのまとめページに戻る>「ローソク足分析」(チャート分析講座

 

スポンサーリンク

 

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報