株初心者のための株式投資講座証券会社徹底比較>One Tap BUY

人気証券会社ランキング

One Tap BUY アメリカ企業にスマホで簡単投資

One Tap BUYは米国株投資専用の証券会社となっています。しかも投資可能な銘柄はわずか30銘柄しかありません。

そのかわり、米国株投資を本当に簡単にすることができるようになってます。投資は1000円単位の円建てでOK手数料も為替手数料もすべてコミコミとなっているので大変明快でわかりやすいです。

外国株(米国株)への投資ではネット証券においてはSBI証券やマネックス証券も力を入れていますが、簡単さと小額投資時のコストではOne Tap BUYに軍配があがります。

ちなみに、会社のロゴにもあるように「〇〇証券」というように社名に証券とつきませんがれっきとした証券会社です。

投資商品充実度 サービス充実度 安定感・安心度 手数料格安度 管理人評価
★★ ★★★★★ ★★★ ★★★★★ ★★★★★

>>One Tap BUY公式ホームページはこちら

 

One Tap BUYの総合評価

お勧め度:★★★★

米国株投資をやってみたいけど、外国株投資って敷居が高そう……と思っている人には一番おすすめな証券会社です。

One Tap BUYで投資可能な米国企業は下記の30銘柄です。
多くの方が名前をご存知の超有名企業が多いですね。

  1. アマゾンドットコム
  2. アップル
  3. アルファベット 
  4. ボーイング
  5. キャタピラー
  6. シスコシステムズ
  7. コーチ
  8. コカコーラ
  9. コストコ
  10. ウォルトディズニーカンパニー
  11. エクソンモービル
  12. フェイスブック
  13. ギャップ
  14. GE
  15. ゼネラル・モーターズ
  16. エイチピー・インク
  17. IBM
  18. インテル
  19. クラフトフーズ (モンデリーズ・インターナショナル)
  20. マクドナルド
  21. マイクロソフト
  22. ナイキ
  23. P&G
  24. ファイザー
  25. スターバックスコーポレーション
  26. タイムワーナー
  27. ツイッター
  28. ビザ
  29. ゼロックス
  30. ヤフー

 

1000円単位で簡単に投資ができる理由

米国株は通常は1株単位で売買をする必要があります。
たとえば1株230ドルで取引されているとして、為替レートが1ドル110円とすれば、最低投資額は230ドル×110円=25300円となり、売買単位はこの金額単位になります。

ところが、One Tap BUYでは、1000円単位で売買をすることができます。
そのため、投資金額を決めやすいですし、注文して約定するまでいくら必要になるかわからないということもないです。

これができる理由は、実はOne Tap BUYでの注文はOne Tap BUYがすでに米国で購入することができる株を売っているというような感じになっています。

そのため、1000円単位での注文(1株以下の端数)投資ができるわけです。

もちろん、配当金はOne Tap BUYを通じてちゃんと支払われます。ただし、株の所有者はOne Tap BUYになるため、株主総会への出席などはできないようです。

 

1000円単位だからこそできるドルコスト平均法による米国株の積立投資

この1000円単位という金額投資ができる大きなメリットはOne Tap BUYなら、ドルコスト平均法投資ができるということにあります。

ドルコスト平均法とは、定額投資法とも呼び数量単位(株数単位)ではなく、金額単位で決まった金額を投資すれば株価が高いときは少し、安いときはたくさん買えるため、数量単位で投資するよりも平均取得価格を引き下げることができるのです。

通常の個別株投資は株数でしか投資できないのでドルコスト平均法投資はできませんが、One Tap BUYなら1000円、10000円を毎月投資するというようにすればドルコスト平均法による積立投資ができるわけです。

 

One Tap BUY公式ホームページ

 

スポンサーリンク

 

 


ネット証券ランキング

その他証券会社・投資サービス

大手総合証券ランキング


 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報