株初心者のための株式投資講座証券会社徹底比較サービスで比較>フル板

人気証券会社ランキング

フル板を無料で使える証券会社比較

株価情報における「気配値(板情報)」は通常、上下5本の注文状況しか見ることができません。しかしながら、「フル板」というツールを使えば、値幅制限いっぱい(ストップ高からストップ安まで)の注文状況を見ることができます。

引け成り注文の数量なども確認できるのでぜひ活用したいです。多くの証券会社では有料または特定の条件を満たした場合無料で使えるようになっているのがほとんどです。

 

そもそも「フル板」って何?

通常の板では中心値を中心に8本の注文情報(気配情報)を見ることができます。
しかし、それ以上(以下)での注文数などを見ることはできません。(参考:板(気配値)の見方

フル板というのは、それぞれの銘柄に対して出されている「すべての値段での注文株数」「注文件数」「引け注文数量」などを見ることができるサービスです。
そのため、通常の板(気配値)を見るよりもより多くの情報を集めることができるわけです。アクティブな投資を考えている方には大変便利なものです。

基本的にフル板は有料サービスとなっていますが、ネット証券会社の中には特定の条件を満たすことでこのフル板を無料で使えるところもあります。

 

フル板が無料・条件付き無料の証券会社

とりあえずフル板を使いたいなら楽天証券かGMOクリック証券がお勧めです。
GMOクリック証券なら口座をもっているだけでOK。楽天証券も同社の使いやすさに定評があるツールマーケットスピードでそのままフル板情報が見られるのはいいですね。

楽天証券

他社と違い、通常のトレードツール(マーケットスピード)でフル板を使えるのが魅力です。昔は原則有料でしたが、2014年10月27日よりマーケットスピードのフル板サービスが無料になります。

これによってフル板を使うのであれば楽て証券が最も魅力的になりました。使いやすいです。

フル板無料条件(いずれかを満たせばOK)
・マーケットスピードが利用できること

ちなみに、マーケットスピードは楽天証券のトレードツールです。信用取引口座があれば永久無料で利用できるほか、残高40万円以上や過去3か月に1000円以上の約定があれば無料で利用できます。ほぼ無料といってよいでしょう。

>>楽天証券詳細情報

GMOクリック証券

2014年7月19日からフル板のサービスを口座開設者に対して無料提供を開始しました。GMOクリック証券のトレーディングツールである「スーパーはっちゅう君(利用料無料)」でフル板を見ることができます。

フル板無料条件
・全利用者が無料

>>GMOクリック証券詳細情報

SBI証券

無料条件を満たした場合に利用できます。その場合、HP上にフル板利用券獲得が表示されます。ツール(HYPER SBI)とは別にブラウザで表示する形になります。
無料条件は相当緩いですが、2014年7月からGMOクリック証券が無料化したことを受けてちょっと魅力度は下がった感じですね。

フル板無料条件(すべて満たせばOK)
・前月の約定回数が1回以上
・電子交付サービスを利用している

>>SBI証券詳細情報

カブドットコム証券

同社のトレードツール「kabuステーション」にフル板をオプションとして追加することができます。こちら条件はいっぱい書いてありますが、実際は単純です。

前月に1回以上の取引or100万円以上の預け金があり、信用取引口座を開設すればフル板を無料で使えます。
(信用取引口座は開設だけでOK)

フル板無料条件(1つ以上満たせばOK)
・前月の手数料が3万円以上の場合
・kabuステーションの無料条件※
に該当し信用取引、先物口座のいずれかを開設済みの場合

※前月の取引回数1回以上または預かり資産が100万円以上の場合。

>>カブドットコム証券詳細情報

マネックス証券

無料条件はありませんが、通常価格が安く設定されているのが魅力です。

通常価格:315円/月
申込から初回1ヶ月は無料。

>>マネックス証券詳細情報

 

スポンサーリンク

 

 

 


ネット証券ランキング

大手総合証券ランキング


 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報