株初心者のための株式投資講座証券会社徹底比較サービスで比較>日経テレコンが無料で使える証券会社の比較

人気証券会社ランキング

日経テレコンが使える証券会社の比較

日経テレコンは日本経済新聞社が発行する日経各紙(日本経済新聞・日経産業新聞・日経産業新聞・日経MJなど)に加え各種雑誌情報が読める情報サービスです。本来は有料(月額8000円税別)のサービスですが、一部のネット証券会社ではこれを提供してくれています。

 

大変お得なサービスですので、ぜひとも無料利用できる証券会社を活用しましょう。日経新聞の多くの記事をそのまま無料で読むことができるサービスです。

※証券会社が提供している日経テレコンはフルサービスではなく、各証券会社用に機能一部制限されています。

 

日経テレコンではどんな情報をみることができるのか?

日経テレコンは日本経済新聞社が有料で提供しているオンラインデータベースサービスです。月額8000円(税別)で日本経済新聞社が発行している各新聞の紙面やその内容を読むことができる他、記事の検索、PDF印刷などが可能です。

リアルタイムのニュース速報をはじめ、約30年分もの、新聞記事のデータベース、企業情報、人事情報、株価情報などを幅広く利用可能です。

こんな便利な日経テレコンですが、一部の証券会社では機能が制限された日経テレコン(○○証券会社版)というものが提供されています。機能制限とは言っても、

  • 日経新聞朝刊、日経新聞夕刊
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(日経流通新聞)

の当日分も含めた新聞記事が内容まで含めて読める(一部配信されていない記事もあるみたいです)上、記事を過去1年分キーワードで探すこともできます。

また、各種信用情報や企業の決算情報、人事異動情報など実に様々な情報を簡単に調べることができるサービスとなっています。株式投資はもちろん、仕事などでも使える情報データベースとなっています。

本来は8000円/月と比較的高めの有料サービスですが、いくつかの証券会社では、自社の顧客投資家向けにこの日経テレコンを利用できるように開放しています(前述のとおり、一部機能は限定されています)。

 

日経テレコンの一部機能を利用できる証券会社

丸三証券、楽天証券の2社は、上記の日経テレコンの一部機能が制限されたものを無料で利用することができるようになっています。制限版といっても当日の朝刊、夕刊の記事全文はもちろん、過去の記事の検索もできる非常に便利なデータベースツールとなっています。

楽天証券はスマートフォンでもアプリを使ってみることができる携帯性の高さがウリですね。

楽天証券では、同社提供のトレードツール「マーケットスピード」内で日経テレコンを無料利用することができます。

また、スマートフォン用の株アプリである「iSpeed」からも日経テレコンを利用できるため、スマホでも日経新聞の記事を読むことができます。

パソコン、スマートフォンのどちらからでも日経テレコンにアクセスすることができ大変便利です。

日経テレコン(楽天証券版)
楽天証券版の日経テレコンは速報ニュース、当日を含む3日分の日経新聞、日経産業新聞、日経MJ(見出し+本文)と、キーワードによる過去の記事検索が可能となっています。

ちなみに、楽天証券のマーケットスピードやiSpeedなら日経テレコン以外にも「株式新聞速報」や「ロイターニュース」などの有料情報も無料で読めるというメリットがあります。

>>楽天証券詳細情報

丸三証券は、同社のサイト上(ログイン後のページ)から日経テレコンを無料で利用することができるようになっています。利用料は無料です。

日経テレコン(丸三証券版)
速報ニュース、きょうの記事のジャンル別掲載、キーワードによる記事検索の他、日経会社情報(四季報の日経版)、企業決算、業界ウォッチなどの情報を見ることができます。

>>丸三証券詳細情報

 

日経テレコンをどうやって活用する?

日経テレコンの強みは、最新の日経新聞などの記事が読めるという新聞を無料で読むという機能だけではありません。おすすめは「強力なデータベース」としての機能です。

たとえば、会社名などで検索をすれば、その会社が過去の日経新聞などでどのようにして取り上げられたのか?また、その時はどんな記事が出ていたのか?などを読むことができます。
こうした記事は投資判断の大きな材料の一つとなるでしょう。

また、こうした強みを「投資以外」に活用される方も多いようです。
ビジネスマンの方でしたら、取引先の情報収集や資料や提案書作成作りの材料として。就職活動中の大学生なら企業研究や業界研究のための情報としてなどのように様々な方に様々なシーンで活用していただくことができるようになっています。

 

日経新聞の電子版とはどう違うの?

2010年の3月より、日経新聞のウェブサイトがリニューアルされており、記事を読むには会員登録(有料:4000円)となりました。

日経テレコンには日経新聞記事も含まれているので日経テレコンが利用できれば、日経新聞の有料会員にならなくても情報を無料で見ることができます。
ただし、日経新聞電子版の専用記事は読むことができません。

完全に日経新聞を代替することができるわけではないわけですが、全体として便利なことに間違いはありません。

>>楽天証券公式ホームページ

>>丸三証券公式ホームページ

以上、日経テレコンが無料で使える証券会社を比較しました。

 

スポンサーリンク

 

 

 


ネット証券ランキング

大手総合証券ランキング


 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報