株初心者のための株式投資講座投資情報の活用需給動向>ネット証券手口情報

人気証券会社ランキング

ネット証券手口情報の意味と株価への影響

ネット証券手口情報とは、ネット証券(オンライン専業証券)が発表する、自社内における株式売買の手口情報です。一部のネット証券は自社のみのランキングも公開しています。

スポンサーリンク

ネット証券手口情報と株価への影響

ネット証券手口情報は現在「ネット証券評議会」という任意の団体により発表されています。現在ネット証券評議会に参加しているのは「松井証券」「SBI証券(旧イートレード証券)」「カブドットコム証券」「楽天証券」「オリックス証券(後日参加)」により作られた任意団体です。
→07年3月30日をもって同評議会は解散しています。

現在のところ、各ネット証券が個別で自社の手口情報を公開しています。(下記の手口情報を知ることができるサイトを参照)

ネット証券の手口情報についてですが、ネット証券の利用者には個人投資家が多いことから、以下のように連想されることが多いです。現物取引の場合、売り数量の合計と買い数量の合計は必ず一致するはずです(そうでなければ売買が成立しません)。つまり、ネット証券手口で買いが多い(買い長)=個人投資家以外(機関投資家)が売っている、ネット証券手口で売りが多い(売り長)=個人投資家以外(機関投資家)が買っているなどと連想されやすい傾向があります。

もちろん、ネット証券手口が買い長=機関投資家の売りがつながるわけではありませんが、そういった傾向がみられることがあります。

ネット証券手口情報を知ることができるサイト

・SBI証券手口ランキング[ SBI証券 ]
出来高上位20社の買いと売りの手口情報(売買数量含む)を公開している。SBI証券ホームページ→マーケット情報→ランキング情報→自社ランキング。SBI証券に口座を持っていなくても閲覧可能です。

・松井証券自社ランキング[ 松井証券 ]
松井証券のネット取引における売買高、出来高の上位10銘柄の手口情報を公開しています。なお、松井証券の場合は手口を「牛熊比率」という比率で公開しています。松井証券に口座を開設していなくても閲覧できます。

・楽天証券手口ランキング[ 楽天証券 ]
楽天証券内のランキング情報で売買高上位30社の手口を公開(売買数量は非公開)。

スポンサーリンク

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報