株初心者のための株式投資講座株式投資を始める前に投資商品の基礎知識投資信託>投資信託の売買とリスク

人気証券会社ランキング

投資信託の売買とリスク

投資信託はどのようにして購入するのかをわかりやすく説明していきます。また、投資信託はどこで購入することができるのか?また、やや複雑となっている投資信託を解約する際の売却方法の種類と特徴を解説していきます。

スポンサーリンク

投資信託の設定と購入

投資信託を購入することができるのは大きく「証券会社」「銀行」「郵便局」で購入することができます。投資信託購入する場合は、基本的に「新しく設定される新規の投資信託を購入する」という方法と「既に発行されているオープン型の投資信託を購入する」という二つの方法が挙げられます。なお、オープン型というのは、いつでも購入することができる投資信託のことを指します。もう一つクローズ型という投資信託もありますが、こちらは新規に設定される場合しか購入することはできません。
証券会社、銀行、郵便局で購入することができますが、最も情報の量や取り扱い数量が多いのは証券会社ですので、こちらで購入する方が良いでしょう。

 

投資信託の買取請求・解約について

投資信託はほかの金融商品と異なり、投資している投資信託を現金化する方法が異なります。大きく投資信託解約の方法は「買い取り請求」と「解約」の二種類が挙げられ、仕組みが若干異なります。ただし、投資信託の中には換金する際の方法をどちらかに固定しているものもあります。

投資信託の買い取り請求

投資信託を換金する際の一つの方法が「買い取り請求」というものです。これは投資信託を証券会社などに時価(評価額)で買い取ってもらうという方法です。
買い取り請求により投資信託を換金した場合その利益部分は「譲渡所得」となります。ほかの株式の売買や投資信託の買取請求で損失が出ている場合は損益を通算することができます。逆に、損失が出ている場合、ほかの株式の売買や投資信託の買取請求で出た利益を通算することができます。

投資信託の解約

投資信託の解約とは、投資信託を解約して評価額分を返金してもらうという方法です。日系の投資信託にはこの解約のみを行うという投資信託が多いです。解約による利益は「配当所得」として扱われます。

 

投資信託におすすめの証券会社

投資信託投資を始めるにあたっておすすめの証券会社を紹介します。また、「投資信託で証券会社比較」のページでは投資信託投資におすすめな証券会社の比較をより詳しく行っているのでそちらも参考にしてください。

カブドットコム証券

投資信託の取り扱い本数はやや少ないものの、ノーロード投資信託(手数料無料の投資信託)の品ぞろえが豊富で、投資信託の販売手数料も安い。毎月千円から始められる積立投資信託が利用できるなどサポートも充実
>>カブドットコム証券詳細

SBI証券

ネット証券最大手。投資信託の取り扱い本数では他社を圧倒する。また、「投信マイレージサービス」というポイント制度があり、投資信託の保有額に応じて年0.1%〜0.2%のポイント還元を受けることもできます。
>> SBI証券詳細情報

楽天証券

投資信託の取り扱い本数はネット証券の中でも最多水準となっています。投資信託全般に力を入れており、ネット専用投資信託の取り扱いなどもあります。
>> 楽天証券詳細情報

 

投資信託のお勧めサイト
投資信託入門講座
投資信託(投信・ファンド)は、分散投資が手軽にできる投資法ではありますが、種類も様々でリスクも異なります。正確で正しい知識を身につけることで銀行や証券会社などから勧められるだけでなく、自分の判断で投資信託選びができるようになります。
>>投資信託の選び方
>>人気投資信託のクチコミ・評判ランキング

 



 
楽天証券


カブドットコム証券