株初心者のための株式投資講座株式投資を始める前に投資商品の基礎知識投資信託>投資信託の種類と特徴

人気証券会社ランキング

投資信託の種類と特徴

投資信託で気になるのがその手数料です。投資信託は株式や債券などと異なり、いくつもの手数料が存在しており、その全貌がわかりにくくなっています。そこでここでは投資信託の種類と特徴についてどのような手数料が必要でどういう意味があるのかをわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

公社債投信

公社債投信(こうしゃさいとうしん)とは、その名前の通り公債・社債のみで運用される投資信託のことを指す。公社債投信の保有財産は全て現金または債券であり、株式は一切含まれることはない。仮に1%でも株式が含まれるものは株式投信となる。

MRF(マネーリザーブファンド)

MRF(マネーリザーブファンド)とは、証券会社における銀行普通預金と類似させた特徴を持つ公社債投資信託の一つ。非常に信用度の高い短期債券などの安全性が極めて高い商品で運用しており、元本の安全性が極めて高い。手数料が一切不要で1円単位で購入・解約が可能。購入当日の解約も可能で預金とほぼ同じ性質を持つ。

MMF(マネーマーケットファンド)

MMF(マネーマーケットファンド)とは、換金性の高い追加型公社債投信の一種。外貨MMFと区別するために日本円MMFと呼ばれることもある。基本的に債券の償還が短期の国債や社債、CP(コマーシャルペーパー)、譲渡性預金といった短期金融商品で構成された1口1万円単位で購入でき30日経過後であればいつでも手数料なしに解約することができる。銀行の定期預金と類似する。

外貨MMF

外貨MMFとは、証券会社が中心に販売している投資信託の一種だが、性質的には銀行の外貨預金に近い性質を持つ投資商品。外貨という名前が付いている通り外国為替で運用される。比較的流動性が高いのが特徴です。短期の外国債券等で運用される極めて安全性の高い投資信託。ただし、為替リスクは外貨で運用することから存在する。

 

株式投信

株式投信(かぶしきとうしん)とは、投資信託において株式の運用をおこなっているファンドのことを指す。一般的には、ファンドの財産のうち1単位以上の株式で構成されているファンドはすべて株式投信と呼ばれます。対義語は公社債投信。

ファンドオブファンズ

ファンドオブファンズとは、株式投信の一つで複数の投資信託に対して投資している投資信託という意味。投資信託が投資信託に対して投資することで資産の分散投資を比較的簡単に行える一方、信託報酬(手数料)の二重払いといった問題もある。

上場投資信託(ETF)

上場投資信託とは、大きく指数連動型上場投資信託とそれ以外の投資信託に分類され、一般的にはTOPIXや日経平均などの株価指数と連動するように作られている投資信託(指数連動型上場投資信託)のことを指し、株式市場を通じて売買することができる投資信託。

 

ベンチマークによる投資信託の分類

ベンチマークとは、投資信託における目標と言い換えることができるもの。投資信託はそれぞれの投資信託でベンチマークを定めており、そのベンチマークを収益目標としている。このベンチマークに対してどれだけの収益を目指すかにより「パッシブ型ファンド」「アクティブ型ファンド」「絶対収益型ファンド」に分類することができる。
一般的にベンチマークはTOPIXや日経平均株価などがあてはまることが多い。

パッシブファンド

パッシブファンドはベンチマークの水準とほぼ同様の値動きとなることを目的とする投資信託のこと。ベンチマークと同水準の成果を目指すことから日経平均連動型の投資信託などに多い。そのため、手間がかからないことから信託報酬などの手数料はアクティブファンドや絶対収益型ファンドと比べて安いのが特徴。

アクティブファンド

アクティブファンドとは、ベンチマーク以上の収益を目標とする投資信託のこと。ベンチマーク以上の収益成果を目標とすることから、積極的な売買が行われることが多い。そのため、ファンドマネージャーの負担も大きく信託報酬などの手数料はパッシブファンドと比べて高い。

絶対収益型ファンド

絶対収益型ファンドとは、パッシブファンドやアクティブファンドがTOPIXなどの指数をベンチマークとするのに対して、絶対的な収益をベンチマークとする投資信託のこと。指数をベンチマークとすると指数自体が下落した場合、指数ベンチマーク型のファンドは収益がマイナスでも目標達成となるが、ベンチマークの場合は相対的な水準でなく絶対的な水準での利益を目指すファンドを指す。なお、絶対に利益がでるというわけではない。

 

その他投資信託の分類

その他上記の分類に属さない投資信託について説明していきます。

ノーロードファンド

ノーロードファンドとは、投資信託の購入時や売却時に販売手数料がかからないファンドのこと。広義にはMMFやMRFなどの公社債投信も含まれるが、一般的には株式投信のうち購入手数料が必要ない投資信託のことを指す。ただし、信託報酬や信託財産留保額といった手数料は通常の投資信託と同様に必要となる。

単位型投資信託(クローズ投信)

単位型投資信託(たんいがたとうししんたく)とは、投資信託を設定する際、設定当初しか購入することができない投資信託のこと。クローズ投信とも呼ばれる。なお、単位型投資信託の場合解約が多数発生するとファンドとしての存続が困難になることから、一般に解約はできず買取のみとなる。対義語は追加型投資信託(オープン投信)。

追加型投資信託(オープン投信)

追加型投資信託(ついかがたとうししんたく)とは、投資信託の設定時だけでなく、時価(評価額)を見ながらいつでも投資家が購入可能な投資信託のこと。投資家はいつでも解約することができるが、一定期間は解約できない期間(クローズド期間)が設定されることもある。対義語は、単位型投資信託(クローズ投信)。

 

投資信託におすすめの証券会社

投資信託投資を始めるにあたっておすすめの証券会社を紹介します。また、「投資信託で証券会社比較」のページでは投資信託投資におすすめな証券会社の比較をより詳しく行っているのでそちらも参考にしてください。

カブドットコム証券

投資信託の取り扱い本数はやや少ないものの、ノーロード投資信託(手数料無料の投資信託)の品ぞろえが豊富で、投資信託の販売手数料も安い。毎月千円から始められる積立投資信託が利用できるなどサポートも充実
>>カブドットコム証券詳細

SBI証券

ネット証券最大手。投資信託の取り扱い本数では他社を圧倒する。また、「投信マイレージサービス」というポイント制度があり、投資信託の保有額に応じて年0.1%〜0.2%のポイント還元を受けることもできます。
>> SBI証券詳細情報

楽天証券

投資信託の取り扱い本数はネット証券の中でも最多水準となっています。投資信託全般に力を入れており、ネット専用投資信託の取り扱いなどもあります。
>> 楽天証券詳細情報

 

投資信託のお勧めサイト
投資信託入門講座
投資信託(投信・ファンド)は、分散投資が手軽にできる投資法ではありますが、種類も様々でリスクも異なります。正確で正しい知識を身につけることで銀行や証券会社などから勧められるだけでなく、自分の判断で投資信託選びができるようになります。
>>投資信託の選び方
>>人気投資信託のクチコミ・評判ランキング

 



 
楽天証券


カブドットコム証券