株初心者のための株式投資講座株式投資を始める前に投資商品の基礎知識>債券投資

人気証券会社ランキング

債券投資ガイド

債券とはお金を貸していることを証券にしたものを指します。借りた側は一定の期日に利息を支払い、満期日には借りていたお金の全額を支払います。なお、債券と一口に言っても発行団体による違いや発行国による違い、さらに特殊な条項が付与されている債券など様々な種類があります。

スポンサーリンク

債券投資のしくみ

債権投資は要するに、銀行における定期預金と似たものがあります。銀行に定期預金をした場合、期日(満期日)までおろすことはできません。債券も同様に国や企業などにお金を貸します。そして満期になるとその債券が現金で償還されるという仕組みになっています。

債券投資と定期預金の違いとしては、以下のような点が挙げられます。

  • お金を貸した相手が破綻した場合は投資している債券は払い戻されないことがある
  • 基本的に満期前に解約することはできない。現金化する際は市場で売ることになる(この場合、価格変動リスクを伴い元本割れすることもある

つまり、元本割れする可能性のある定期預金ということになります。その分金利面では銀行の定期預金と比べても魅力があります。しかし、信用力で言えば銀行よりもはるかに高いと思われる日本国の国債利回りと銀行定期預金金利を比べてみましょう。

10年もの大口預金金利:0.875%(2008年10月現在)
10年長期国債金利:1.52%(2008年10月現在)
金利差は約0.7%と1.8倍以上の金利がもらえるという計算になります。つまり、期中での解約(売却)や化している先の破綻などにより元本割れするリスクはあるが、その分金利が定期預金よりも高めに設定されている金融商品といえます。

リスクの度合いで言えば、ローリスク・ローリターンの分類に入ります。(一般的な債券の場合、ただし、特別な仕組みが取り入れられている債券(仕組債)などの場合ハイリスクハイリターンのものもあります)

 

債券投資の方法-債券売買のしくみとリスク-

具体的に債券投資をするための方法はどのような方法があるのかを具体的に解説していきます。債券を購入するには大きく「新発債券の購入」と「債券市場での購入」という二つの方法があります。同様に、債券を現金化する場合は「満期まで待つ」か「債券市場で売却」という二つの方法があります。

 

債券の種類と特徴

債券と一口に言っても実に様々な種類の債券があります。ここでは、主だった債券についてのその特徴や仕組み、それぞれのリスクとリターンなどについてをそれぞれをわかりやすく分類していきます。

 

債券投資におすすめの証券会社

債券や国債への投資を始めるにあたっておすすめの証券会社を紹介します。

SBI証券

人気の債券「SBI債」という債券を不定期に販売しています。非常に投資家からの人気は高く、販売開始からすぐに完売となってします商品です。また、国債投資などに関するキャンペーンも頻繁に行っており、債券投資を積極的に行いたい投資家におすすめの証券会社となっています。
>> SBI証券詳細情報

楽天証券

おもに外国債券(外債)の品ぞろえが豊富です。外貨MMFとの連動もできるので、高利回りの外債投資を考えている方にとって楽天証券はかなりおすすめの証券会社となっています。
>> 楽天証券詳細情報

マネックス証券

SBI証券と同じように個人向けの社債である「マネックス債」という債券を不定期に販売しています。こちらも人気で販売後はすぐに完売となるので、事前に口座をつくっておくことをお勧めします。外債なども幅広く扱っています。
>> マネックス証券詳細情報

 

債券投資のお勧めサイト
債券投資ガイド
債券投資ガイドでは、まだ個人投資家に普及しているとはいえない「債券」に対する投資について、債券投資がどのようなメリットがある投資の一つであり、具体的にどんなリスクがあるのかなど債券への投資の基本について分かりやすく解説していきます。
>>債券の種類
>>マネックス債とSBI債を徹底比較 (マネックス債) (SBI債

 



 
楽天証券


カブドットコム証券