株初心者のための株式投資講座株式売買の仕組み株取引の基礎講座>株価の歩み値と呼値

人気証券会社ランキング

株価の歩み値と呼値

歩み値(あゆみね)とは、特定の株式銘柄についての、いつにどれだけの株数がいくらの株価で約定(売買成立)したのかを示す表のことを指します。株価の推移を人の歩みに見立てたもので、株式売買の活発度合いとその規模などを見ることができます。また、呼値とは、株式の売買注文における最低金額のことです。
スポンサーリンク

歩み値の例

歩み値は以下のように表示されます。

時間
株数
株価
10:02
58,000
178
10:03
8,000
179
10:03
10,000
178
10:04
28,000
177
10:04
56,000
178
10:06
112,000
179
10:06
8,000
180

証券会社が提示する歩み値の表は上記のように、その時間と約定株数とその株価を見ることができます。当然ですが、売買数量が大きいほどより活発な取引が行われていると考えられます。また、株価上昇時にはどのような取引で株価が上がったのかを見ることも可能です。

例えば、株価が上がった際に大口の売買をこなしながら上がっていくような場合の方が、株価の空白地帯を駆け上がっていく場合よりも上昇のエネルギーが強いと考えられます。また、株価が上がった場合に、すぐに大口の売りが出て株価が叩かれているということなどもわかるようになります。

 

呼値とは

呼値とは、注文の時に出せる最低単位の金額です。例えば、呼値が5円の場合は2005円で買いという注文を出すことはできますが、2006円で売りという注文を出すことはできません。呼値が5円の場合は、5円刻みで注文を出すしかありません。
呼値の水準については、前日の終値の値段により以下のようにと定められています。

2014年7月22日よりTOPIX100対象銘柄の中で株価が1000円以下のものは呼値単位が10銭に、株価が5000円以下の物は50銭へと変更されました。

株価水準 呼値単位
非対象銘柄 TOPIX100銘柄
1000円以下 1円 10銭
1000円超 5000円以下 5円 50銭
5000円超 1万円以下 10円 1円
1万円超 3万円以下 10円 5円
3万円超 5万円以下 50円 5円
5万円超 10万円以下 100円 10円
10万円超 30万円以下 100円 50円
30万円超 50万円以下 500円 50円
50万円超 100万円以下 1000円 100円
100万円超 300万円以下 1000円 500円
300万円超 500万円以下 5000円 500円
500万円超 1000万円以下 10000円 1000円
1000万円超 3000万円以下 10000円 5000円
3000万円超 5000万円以下 50000円 5000円
5000万円超 100000円 10000円

 

歩み値や呼値というもの自体はあまり知っているからどうこうというものではありませんが、株価というものを知る上では理解しておくにこしたことはないでしょう。

次は、「株価の値幅制限」について説明していきます。値幅制限というのは「1日に動くことができる値動きの最大値」です。
いわゆる「ストップ高」「ストップ安」というものですね。

 

NEXT:株価の値幅制限
<このカテゴリのまとめページに戻る>「株取引の基礎

 

スポンサーリンク

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報