株初心者のための株式投資講座株式売買の仕組み信用取引の投資戦略信用取引の需給状況と投資戦略>回転日数

人気証券会社ランキング

回転日数と信用取引

回転日数というのは、信用取引を行っている方が、返済するまでの日数のことをさします。この返済までの期間も信用残高と同じように公開されています。回転日数が短いほど売買がより活発に行われていると見ることができます。この回転日数は売買の活発さ以外にも、相場での買い手・売り手の状況などを知る上でも役立ちます。

スポンサーリンク

回転日数と相場の活況・閑散度を知る

回転日数は、その日数が短いほどより活況、長いほど閑散としていると判断することができます。

一般的には、10日前後で相場は活況(取引が多い)、5日以内だとやや過熱気味であるといわれています。特に回転日数が短くなっていくと、短期筋による売買が中心になり、相場が大きく上昇(下落)しているような相場が終焉に近づいているといわれます。

急上昇した相場で回転日数が短くなっているような場合は、日中の売買で売り買いが交錯しやすくなるのです。

 

回転日数から分析する買い手・売り手の懐具合

また、株価動向と回転日数から信用取引をしている買い手と売り手の状況を見るということにも使えます。

例えば、回転日数が5日となっており、過去5日間の平均株価(5MA)が現在株価よりもだいぶ低いところにあるような場合、空売りをしている投資家のほとんどは損をしているということになります。つまり、もう少し株価を上げてやれば、踏む(踏み上げる)可能性が高いとも判断できます。

 

信用取引におすすめの証券会社

信用取引を始めるにあたっておすすめの証券会社を紹介します。詳しくは「信用取引で証券会社比較」も参考にして下さい。

ライブスター証券

ライブスター証券は信用取引において高いスペックを持つネット証券です。信用取引売買手数料はなんと84円(一律)、さらに三百万円以上の取引なら手数料も無料です。
信用金利も安いので信用取引には最適なネット証券です。さらに口座開設から2カ月は現物株取引を含むすべての取引手数料が無料です。
>> ライブスター証券詳細情報

GMOクリック証券

手数料格安のネット証券として有名な証券会社です。取引手数料は信用取引手数料(1約定プラン)は500万円まで一律100円(税込)、500万円以降は0円とライブスター証券には及ばないものの、全体的に見れば手数料は安いです。
また、取引ツールの使い勝手は高く評価されています。
>> GMOクリック証券詳細情報

SBI証券

ネット証券最大手。ライブスター証券、GMOクリック証券などと比較すると手数料は多少高いですが総合ネット証券としての品ぞろえや投資情報などには強みがあります。
>> SBI証券詳細情報

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報