初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > は行>バスケット取引

人気証券会社ランキング

バスケット取引 / 株式投資用語集

バスケット取引(ばすけっととりひき)とは、多数の銘柄をまとめて、籠に入った一つの商品として売買する取引ことをさす。通常は15銘柄以上かつ売買代金が1億円を越える大口取引のこと。大口投資家や機関投資家、投資信託による銘柄入れ替えなどで用いられることが多い。

特に、前引け後に行われる昼の立会外バスケット取引の需給動向などは後場の株式市場全体に影響を与えることが多い。前引け後のバスケット取引の場合は証券会社がそれを一旦引き受け、それを後場などで証券会社の自己売買部門が市場で注文を執行することもある。

 

スポンサーリンク