株初心者のための株式投資講座株式市場と証券会社の役割>投資した株式の取り扱い

投資した株式の取り扱い

投資した株式はいったいどのようにして管理されるのでしょうか?現在の株式投資では通常投資した株券が自宅に届くといったことはありません。証券保管振替機構などに株式を預託することにスピーディーな株式取引の実現や簡素化を図っています。ここでは、投資した株券がどのように扱われるのかについてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

株券の売買による流れ

具体的に証券会社を通じて株券を購入した場合、その後はどのような流れで自分のものになるのかを時系列にわかりやすく解説していきます。

 

証券保管振替機構(ほふり)とは

現在、株式を購入した場合、基本的に「証券保管振替機構(ほふり)」により管理されることになります。ここでは、証券保管振替機構(ほふり)の役割とそのしくみについてわかりやすく解説していきます。

 

株券の電子化について

2009年1月をもって予定されている上場株券の電子化についてその電子化のしくみと、電子化されることにより何がどのように変わるのかをわかりやすく解説していきます。また、株券の電子化に伴い必要なタンス株の取り扱いについてもわかりやすく解説します。

 

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 



運営情報