株初心者のための株式投資講座株式市場と証券会社の役割証券会社の役割金融ビッグバンと証券会社>ラップ口座

ラップ口座

ラップ口座とは、2004年に規制が緩和されて始まったサービスの一つで、これまで売買による手数料が主な収入源であって個人投資家と証券会社の関係についてコンサルティング的な要素を盛り込んだ口座のことです。証券会社は顧客の資産を預かり、大まかな指示の上、売買自体は証券会社の判断により行うというものです。

スポンサーリンク

ラップ口座のしくみ

ラップ口座とは、証券会社が提供する資産運用サービスの一つで、主に富裕層を対象として行われるサービスです。投資家は証券会社に対して運用財産の残高に応じて手数料を支払う代わりに、投資に関するアドバイスやコンサルティングのほか、実際の売買執行までを証券会社が担当する場合もあります。

大きく、証券会社自身が投資信託などを組み合わせて運用する投資信託型ラップ口座と、外部の投資顧問業者を紹介する投資顧問型ラップ口座の二種類があります。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 



運営情報