初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > あ行>追証

人気証券会社ランキング

追証 / 株式投資用語集

追証(おいしょう)とは、信用取り息において委託保証金が株価の変動等の原因により不足した場合、委託保証金の割合を維持するように証券会社が顧客(投資家)に対して求める追加の保証金のことを指す。

株式信用取引においては、委託保証金は最初に委託した額から不足分を差し引いた額が約定金額の20%を下回らないように定められており、これを下回った額が追証の金額となる。この比率のことを委託保証金維持率と呼ばれており、取引日の終値ベースで証拠金が20%を下回った場合、投資家はその日の翌々日の正午までに追加の証拠金を振り込む必要がある。(追証が発生するのは当日の取引終了後の値洗いという方法で最終的に決定されるので、ザラバ中に維持率が瞬間的に下回ったという場合は追証の対象とはならない)なお、追証を振り込めなかった場合、証券会社が預かり資産を処分することもある。また、その場合口座の凍結などの処分を受けることもある。

追証の注意点として、その日の取引で保証金維持率が20%を下回った場、翌営業日に株価が上がり維持率が20%を上回った場合でも、不足した日に決定した追証額を証券会社に対して一度振り込む必要がある。

参考:信用取引ガイド(投資商品の基礎知識)

 

スポンサーリンク