株初心者のための株式投資講座ファンダメンタル分析成長力や収益力を見る財務分析>総資本回転率

人気証券会社ランキング

総資本回転率の計算方法、仕組み、活用方法

総資本回転率(そうしほんかいてんりつ)とは、企業が総資本(資産)をどの程度効率的に活用できているのかを調べるための指標です。事業に投資している総資本は売上によって回収されますが、その回収が総資本に対して何回回転しているのかを調べる指標です。企業経営の効率性を調べるための指標とされます。

スポンサーリンク

総資本回転率の計算方法

計算式
総資本回転率=売上高÷総資本(資産)
※総資本は通常期首と期末の平均

 

総資本回転率の活用方法

総資本回転率は主に企業経営の効率性を示すための指標とされています。回転数が高いほど、その会社は効率的に売上を上げているとみることができます。逆に、総資本回転率が低い会社は自社の持つ資産を効率的に活用できていないというように見ることができます。

企業経営の効率性を示す指標として知られる「ROA」は「売上高利益率」×「総資本回転率」で計算されるように総資本回転率は企業の経営の効率性を求める指標として重要な指標の一つとされます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券