初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>貸株

貸株 / 株式投資用語集

貸株(かしかぶ)とは、投資家が信用取引を行う際に証券会社(または証券金融会社)が株式を貸すことを指す。また、空売りによる株式の流通自体を指す場合もある。こうした流通は貸株市場とも呼ばれており、従来は証券会社・証券金融会社・機関投資家が貸株市場を担ってきたが、近年では、一部の証券会社が貸株サービスを展開しており、個人投資家にも間口が広がっている。

貸株市場とは、空売りをする投資家に対して空売りのための株式を用立てする市場のことで、証券会社が手持ちの株式を使い、不足する場合は証券金融会社から借り、それでも不足する場合は機関投資家に品貸料を支払い借りることになるが、個人向けの貸株サービスでは保有する現物株を証券会社に対して貸すことにより、一定の金利をもらうことができるというサービス。
以前はストックレンディングとも呼ばれ大口投資家に対して提供されていたサービスの一つだったが、近年ではインターネット証券などが小口の投資家に対してもサービスを展開している。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報