初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > さ行>規制銘柄

規制銘柄 / 株式投資用語集

規制銘柄(きせいめいがら)とは、証券取引所が特定の銘柄について信用取引の増加や投機的取引の過熱などと判断した場合に行う規制のことを指す。規制銘柄となった株式については、様々な信用取引についての規制が行われる。

代表的な規制内容としては、
・委託保証金率の引き上げ
・代用有価証券の担保掛目の引き下げ
・委託証拠金の全額(または一部)を現金で徴収する

などが挙げられる。なお、相場全体が加熱した場合などは個別の銘柄に対してだけでなく、証券取引所における全銘柄に対して委託保証金の引き上げなどといった措置がとられる。なお、この全体的な措置のことを「前面規制措置」と呼ぶ。

参考:信用取引に関する規制(外部)

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報