初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > た行>つなぎ売り

つなぎ売り / 株式投資用語集

つなぎ売りとは、株価の値下がりに対する保険として行われる空売りのことを指す。事情により保有している現物株式を売却することができないが、当面株価の下落が予想される場合にとられる戦略のことで、保有株式を空売りしておくことにより、仮に将来株価が下落した場合もその損失を信用取引から得られる利益で相殺することができるというもの。

なお、信用取引で空買いしている銘柄を空売りする場合はつなぎ売りとは呼ばれずに、両建て(りょうだて)と呼ばれる。

参考:信用取引ガイド(投資商品の基礎知識)
参考:つなぎ売りの活用術

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報