初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>監理ポスト

監理ポスト / 株式投資用語集

監理ポスト(かんりぽすと)とは、証券取引所が定める「上場廃止基準」に抵触する恐れのある会社を、投資家全般に広く知らせるための措置の一つ。結果として上場廃止基準に抵触しない場合は、通常取引に戻されるが、上場廃止基準に抵触することが明らかとなった場合は、整理ポストへと割当られる。

整理ポストに割当られた(上場廃止基準に抵触するおそれがある)場合であっても、多くの条件には猶予期間が設けられており、その猶予期間内に基準を再度満たした場合は、監理ポスト指定から解除される。

監理ポストに割当られた株式(銘柄)は証券取引所のホームページや新聞の株式欄などで監理ポストに割り当てられていることが明示されるようになる。監理ポストに入った=上場廃止というわけではないが、通常株価にとってはネガティブな材料となる。
また、一部の信用取引などは取引が規制されるようにもなる。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報