初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > さ行>時価総額加重平均型株価指数

時価総額加重平均型株価指数 / 株式投資用語集

時価総額加重平均(じかそうがくかじゅうへいきん)とは、時価総額加重平均型株価指数の株価指数をもとめるために利用される平均値の計算方法。組み入れ銘柄の時価総額合計を基準となる時点での時価総額合計で除して求める計算方法となる。多くの株価指数においてはこの時価総額加重平均がとられている。

時価総額加重平均は多くの株価指数で採用されている方法です。単純な株価平均の場合と比較して値がさ株(株価の高い会社の株価)の影響を受けにくいというメリットがある。一方で時価総額の高い大型株の割合が大きくなることから、固定株比率の高い会社の株価変動に影響されやすくなるという性質がでてしまうという問題点がある。
近年では、こうした問題を解決するために「浮動株基準株価指数」を採用する株価指数も増えてきた。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報