初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > は行>配当金相当額

配当金相当額 / 株式投資用語集

配当金相当額とは、証券会社が提供する貸株サービスを利用しているケースで、配当金の権利確定日をまたいだ場合に、証券会社から投資家に支払われる対価のこと。受け取ることができる金額は配当金から配当金に対する源泉徴収相当額を控除した金額になり、実際に受け取れる配当金と同額となる。

一方で、配当金相当額は所得区分上の「雑所得」に該当するため、申告の必要がある場合は雑所得としての申告が必要となる。そのため、申告が必要なケースでは事実上の二重課税となる問題がある。

>>貸株サービスの特徴と証券会社比較

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報