初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > た行>飛ばし

飛ばし / 株式投資用語集

飛ばしとは、1990年代初期に行われた取引手法の一つ。1991年に改正された証券取引法で現在は禁止されている。企業が保有する値下がりした有価証券を、決算前に決算期の異なる別の会社に簿価で売却することで、決算時に損失を計上しなくて済むようにすること。

バブル経済崩壊の際に証券会社が積極的に働きかけ、大企業への便宜を図る形で実施されたが、企業会計の根幹を揺るがす行為でもあることから、大きなスキャンダルとなった。1991年には証券取引法が改正されることで事実上禁止される行為となった。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報