初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > ら行・わ行>連続注文

連続注文 / 株式投資用語集

連続注文は事前に2つ以上の注文を入れておき、最初の一つ目の注文が成立したら次の注文を出すというもの。IFD注文との違いは、同じ銘柄である必要はないという点。連続注文の場合、保有するA株が売却できた場合、B株を購入するという株の売買ができる。リレー注文、連続売買などとも呼ばれる。

連続注文の活用方法としては、B株がほしいと思っているが、投資資金が足りない。保有するA株を売却すればB株の購入代金が出るという場合に、A株の売却注文を出しておき、その株が売れた場合にB株の買い付け注文を出すといった方法が挙げられる。

株の注文方法
連続注文ができる証券会社
 |-マネックス証券
 |-auカブコム証券

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報