初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>現物取引

現物取引 / 株式投資用語集

現物取引(げんぶつとりひき)とは、株式の売買において最もスタンダードな取引方法のこと。その名前の通り、株式の現物を購入するという意味で、たとえば株価300円の株式を1000株購入し、その代金として300,000円を支払うという取引方法のこと。証拠金による取引である「信用取引」と対義的に用いられる。

なお、現物取引により購入した株券は売買の日から4営業日後に株券と現金が交換(決済)されることになる。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報