初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>株主総会議決権

株主総会議決権 / 株式投資用語集

株主総会議決権(かぶぬしそうかいぎけつけん)とは単に議決権とも呼ばれる株主の持つ共益権の一つ。株式会社における株主は、その所有する株式数に応じて株主総会という会議において議決権を有する。

株主は原則として株式1株について1個の議決権を有する(ただし、単元株制度を採用している上場企業の場合は1単元につき1個の議決権を有することになる)。
株主総会は会社の重要事項のほか、会社の経営者を選任する場でもあり、株主総会における議決内容は会社の経営に対して大きく影響を与えることになる。これまで上場企業においてはシャンシャン総会とも呼ばれるように、会社経営者側が半ば強行的に議決を進めていたが、近年ではモノ言う株主の増加により、会社側(経営者側)の提案を株主総会で株主が否決するという場面も多く見られるようになっており、企業側も株主に対しての態度を改めている。

参考:株主の権利と義務

 





過去用語ランダム


運営情報