初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>株式持合い

株式持合い / 株式投資用語集

株式持合い(かぶしきもちあい)とは、複数の企業間でお互いの株式を保有しあうことを指す。企業間が株式を持ち合うことにより相互取引の活発化、および買収防衛策としての経営の安定を図ることを目的としていた。

1990年代以後は景気悪化に伴い、持ち合い株式の放出がたびたび起こり持ち合い解消が多く行われた。しかし、2000年代に入ると、敵対的な買収防衛に対する対策の一環として再び株式の持ち合いがクローズアップされ始めている。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報