初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>仮名取引

仮名取引 / 株式投資用語集

仮名取引(かめいとりひき)とは、禁止されている株式取引の一つ。実際に存在しない人物や他人の名前などを使うことにより証券取引を行うこと。家族の場合であっても仮名取引となる。実際に仮名取引は違法性の高い株取引に用いられることが多いことから禁止される。

仮名取引における代表的な違法行為としてはインサイダー取引(内部情報を知りながら取引を行うこと)やマネーロンダリング(資金洗浄。犯罪資金の出所などをわかりにくくする)などが代表的。なりすまし取引とも言われる。

参考:禁止される株式取引

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報