初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > ら行・わ行>ラップ口座

ラップ口座 / 株式投資用語集

ラップ口座とは、証券会社が主に富裕層に対して提供する資産運用サービスの一つ。ラップとはwrap(包む)という意味で、ラップ口座=包括口座という意味になる。具体的には、資産運用を証券会社(証券顧問・投資信託業)に委託して運用自体を証券会社自身に任せるという形になり、フィー(手数料)は運用資産額の数%という形になる。

本来、投資家の運用資産を投資家の意思確認なしに売買することは売買一任勘定と呼ばれ禁止されているが、ラップ口座の場合は売買手数料がないなどの条件を満たすことで規制緩和の一環として現在許可されている。ただし、前述のようにラップ口座の場合最低契約金額が数千万円というように高額に設定されていることから現実として富裕層向けのサービスとなっている。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報