初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > た行>手口

手口 / 株式投資用語集

手口(てぐち)とは、証券取引所における取引において、どの証券会社がどの銘柄(先物・オプション)をどのくらいの数量売買したのかという売買状況のことを指す。買い注文を「買い手口」、売り注文を「売り手口」と呼ぶ。

通常、株取引の場合は、日経平均株価(日経225)やTOPIX(東証株価指数)などの先物取引やオプション取引における、各証券会社の手口情報などとして利用されることが多い。手口は相場の需給を占う上でも重要な投資指標の一つとして利用される。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報