初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > あ行>一般信用取引

一般信用取引 / 株式投資用語集

一般信用取引(いっぱんしんようとりひき)とは、信用取引の一種で取引における決済期限や品貸料を証券会社と投資家が自由に取り決める信用取引のこと。近年では多くの証券会社が一般信用取引を利用できるようになっており、制度信用取引によりも有利な条件で提供している場合もある。

取引銘柄については、カラ買い(信用買い)の銘柄はほとんどの銘柄が対象となるものの、空売り(信用売り)の銘柄は用意されていないか、少ないのが一般的である(制度信用取引の貸借銘柄であっても空売りすることができないものが多い)。これは、一般信用取引の場合証券会社は貸借取引を行うことができないため、証券会社自身が空売りの対象銘柄として株式を保有しなければならないためである。

参考:信用取引ガイド(投資商品の基礎知識)

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報