初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>株券電子化

株券電子化 / 株式投資用語集

株券電子化(かぶけんでんしか)とは、従来発行されてきた紙ベースの株券を上場企業に限り電子的な方法により管理することを指す。株券を発行する企業は、株主名簿という株主の名前が記載されている帳簿に基づき、発行会社が指定する金縫う期間に特別口座を開設し、この口座で株主を管理する。

株券の電子化に伴い、株式売買の効率的な管理および、株主としては株券の紛失や偽物の龍津による被害などを防止することが期待される。なお、自宅等に株券を券面ベースで保有している場合、株券の電子化がスタートした時点でその株券は無効となる。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報