初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > あ行>売り気配

売り気配 / 株式投資用語集

売り気配(うりけはい)とは、相場において売り注文に対しての買い注文が少なく、売買が成立したい状態のことを指す。大きな悪材料が出た場合など売り物(売り注文)が殺到した場合などにおきることが多い。

売り気配において、売り注文が過剰となった場合は「特別気配(特売り)」と呼ばれ通常の売買方式であるオークション方式から板寄せ方式へと売買方式が一時的に変更される。板が徐々に切り下がり、売り注文に対して買い注文が同量となるところまで切り下げられる。対義語は「買い気配」

参考:特買い・特売りとは
参考:株の気配(板)の見方

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報