初心者のための株式投資講座株式投資用語集索引 > か行>公社債投信

公社債投信 / 株式投資用語集

公社債投信(こうしゃさいとうしん)とは、その名前の通り公債・社債のみで運用される投資信託のことを指す。公社債投信の保有財産は全て現金または債券であり、株式は一切含まれることはない。仮に1%でも株式が含まれるものは株式投信となる。

一般的には、MRF(マネーリザーブファンド)やMMF(マネーマーケットファンド)などが代表的。このほかにも中期国債ファンドや長期公社債投信などがある。株式投信と比較して値動きが大きくないことからややリスクが低いともいえるが、外貨建ての債券やエマージング債に投資するものなどは株式以上のリスクがあるものもある。特に外貨建ての公社債投信(外貨MMFなど)は投資信託の元本以外にも為替変動によるリスク(為替リスク)も負うことになるので注意が必要。

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 





過去用語ランダム


運営情報