株初心者のための株式投資講座ファンダメンタル分析財務諸表の種類と特徴キャッシュフロー計算書>営業マイナス・投資プラス・財務マイナス

営業マイナス・投資プラス・財務マイナス

営業活動がマイナス、投資活動がプラス、財務活動がマイナスとなっている会社の場合、現時点で本業による収支はマイナスとなっている状態を示しています。ただし、投資活動自体は行っており、財務活動もマイナスということは新規の借入は行っていないということを意味しています。

創業時点の新興企業や研究開発型の企業などに多く見られるタイプのキャッシュフローです。今後成長が期待されるような企業や分野であれば、金額にもよりますが特に問題はないといえます。

キャッシュフローのパターンから分析する会社の状況

ここでは、キャッシュフロー計算書における「営業」「投資」「財務」におけるキャッシュフローの状態別に会社がどのような状態にあるのかを簡単に説明していきます。

営業プラス・投資マイナス・財務マイナス (優良企業に多いパターン)
営業プラス・投資マイナス・財務プラス (成熟した成長企業に多いパターン)
営業プラス・投資プラス・財務マイナス (ディフェンシブな成熟企業、高配当銘柄に多い)
営業マイナス・投資マイナス・財務プラス (本業が斜陽化、低迷化しているパターン)
営業マイナス・投資プラス・財務マイナス (スタートアップ、研究開発型企業、ベンチャー)
営業マイナス・投資プラス・財務プラス (リストラ再建中に見られるパターン)

 

キャッシュフロー計算書を読みこなせるためのお勧め良書

下記はキャッシュフロー計算書を読みこなす上で役に立つおすすめの本です。より深く勉強されたい方はぜひご一読ください。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

財務3表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)についての勘所を分かりやすく紹介している本。簿記に関する知識がさほどなくても理解しやすいので、財務諸表の要点だけを知りたいという方に特にお勧めです。

 

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる