株初心者のための株式投資講座株式投資を始める前に投資商品の基礎知識>投資信託

人気証券会社ランキング

投資信託ガイド

投資信託とは、複数の投資家が資金を出し合い、その資金をファンドマネージャーと呼ばれる運用家が運用してその利益を投資した投資家たちに分配するという投資商品で、ファンドとも呼ばれます。投資信託には運用対象や運用方法、ベンチマークの違いなどにより様々な種類があります。

スポンサーリンク

投資信託のしくみ

投資信託とは、大まかに説明すると多数の投資家が小額の資金を出し合うことで、大きな資金にしてその大きな資金を運用のプロである「ファンドマネージャー」と呼ばれる人に運用を委託するという投資昇進です。
投資信託と一口に言っても運用対象の種類や目指す収益のベンチマーク(基準)などによりその種類は様々で投資家が受け持つリスクも異なってきます。投資信託だから株よりはリスクが低いとは必ずしもいえない場合もありますので、投資信託に投資をする際は、どのよなリスクを背負っているのかといった事を認識しておく必要があります。

また、投資信託は投資のプロが運用するといっても運用に100%成功するわけではありません。損失を出した場合はその損失分が投資している元本から引かれてしまいます。また、投資信託はプロに運用を委託するという仕組み上手数料は株式投資などと比べると高く、購入時に2〜3%、毎年1%前後の手数料が必要となってしまいます。

 

投資信託の売買とリスク

投資信託はどのようにして購入するのかをわかりやすく説明していきます。また、投資信託はどこで購入することができるのか?また、やや複雑となっている投資信託を解約する際の売却方法の種類と特徴を解説していきます。

 

投資信託の手数料

投資信託で気になるのがその手数料です。投資信託は株式や債券などと異なり、いくつもの手数料が存在しており、その全貌がわかりにくくなっています。そこでここでは投資信託の手数料についてどのような手数料が必要でどういう意味があるのかをわかりやすく説明していきます。

 

投資信託の種類と特徴

投資信託はその仕組み上非常に沢山の商品があり、それぞれの投資信託によりリスクやリターン、手数料なども異なっています。ここでは、投資信託の種類と特長についてそれぞれをわかりやすく説明していきます。

 

投資信託におすすめの証券会社

投資信託投資を始めるにあたっておすすめの証券会社を紹介します。また、「投資信託で証券会社比較」のページでは投資信託投資におすすめな証券会社の比較をより詳しく行っているのでそちらも参考にしてください。

カブドットコム証券

投資信託の取り扱い本数はやや少ないものの、ノーロード投資信託(手数料無料の投資信託)の品ぞろえが豊富で、投資信託の販売手数料も安い。毎月千円から始められる積立投資信託が利用できるなどサポートも充実
>>カブドットコム証券詳細

SBI証券

ネット証券最大手。投資信託の取り扱い本数では他社を圧倒する。また、「投信マイレージサービス」というポイント制度があり、投資信託の保有額に応じて年0.1%〜0.2%のポイント還元を受けることもできます。
>> SBI証券詳細情報

楽天証券

投資信託の取り扱い本数はネット証券の中でも最多水準となっています。投資信託全般に力を入れており、ネット専用投資信託の取り扱いなどもあります。
>> 楽天証券詳細情報

 

投資信託のお勧めサイト
投資信託入門講座
投資信託(投信・ファンド)は、分散投資が手軽にできる投資法ではありますが、種類も様々でリスクも異なります。正確で正しい知識を身につけることで銀行や証券会社などから勧められるだけでなく、自分の判断で投資信託選びができるようになります。
>>投資信託の選び方
>>人気投資信託のクチコミ・評判ランキング

 



 
楽天証券


カブドットコム証券