株初心者のための株式投資講座証券会社徹底比較>楽天証券

人気証券会社ランキング

楽天証券

取引ツールとして投資家に提供されている「マーケットスピード」はその使い勝手や取引の簡単さから定評があります。また、提供される情報も豊富です。楽天証券は手数料面や取り扱い商品でもバランスが取れており人気の証券会社となっています。

また、外国株や海外ETFといった外貨性商品も充実。外国株関連の取引もしてみたいという方におすすめの証券会社となっています。

 

投資商品充実度 サービス充実度 安定感・安心度 手数料格安度 管理人評価
★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★★

楽天証券の総合評価

お勧め度:★★★★★
パソコン用トレードツール「マーケットスピード」というツールが大人気の証券会社です。トレードツール目的で楽天証券に口座を持つ人もいるくらいです。また、手数料も安く、投資商品の取り扱いも豊富でバランスに優れています。

 

楽天証券はこんな人に向いています(5段階評価)

株式投資初心者
★★★★
投資上級者
★★★★★
手数料にこだわる
★★★★
投資情報・サービス充実にこだわる
★★★★★
取扱商品の豊富さにこだわる
★★★★
モバイル・スマートフォンでの取引重視
★★★★

 

楽天証券公式ホームページ

 

楽天証券の手数料

口座管理手数料(年)

無料

約定ごと手数料
〜50万円
〜100万円
〜150万円
〜300万円
341円
609円
728円
1152円
一日定額手数料
〜100万円
〜200万円
〜400万円
〜600万円
858円
2,000円
4,000円
6,000円
定期定額手数料 なし
手数料の評価

楽天証券の手数料体系は「約定ごとに手数料がかかるワンショットコース」と「一日の取引総額に応じて手数料がかかる、いちにち定額コース」の二種類の手数料体系が用意されています。

取引の回数がそこまで多くない方や一回の取引金額が大きい方はワンショットコースを選び、小額だけど一日の取引回数が多い方は「いちにち定額コース」を選ぶようにするとよいでしょう。なお、手数料プランは、前日の夕方までに申込をすれば翌日の取引から手数料プランを変更することもできます。

なお、一日に購入と売却を行う「日計り取引」の場合、片道分の手数料は無料になります。

手数料は2014年4月1日調査時点のものとなっております。なお、手数料は税別となっております。


※手数料は全て通常の株取引における成行手数料をもとに計算しています。

 

楽天証券の取扱商品

国内株式
アメリカ株式
中国株式
その他外国株
ロシア株・インド株
単元未満株取引
×
新規公開株
制度信用取引
一般信用取引
買い:○ 売り:×
先物・オプション
投資信託
債券(新発・既発)
夜間取引
取扱商品のコメント
楽天証券はネット証券会社の中でも多くの商品取引が可能となっています。なお、夜間取引については「SBIジャパンネクスト証券」のPTS夜間取引に参加しています。

 

楽天証券の特徴的なサービス

楽天証券における特徴的なサービスとしては、以下のサービスを投資家向けに提供しています。

 

・トレーディングソフト「マーケットスピード」
楽天証券が顧客投資家向けに提供している株式のトレーディングツールです。3ヶ月で3000円の利用料金がかかることになっていますが、3ヶ月に1度以上取引をしているなどの様々な無料条件があり、一つ以上を満たすことで無料で利用できます。無料利用条件も簡単な条件ですので、ほとんどの場合無料で利用できるでしょう。

 

・日経テレコン
楽天証券では、マーケットスピード上において、日本経済新聞社が提供している情報サービス「日経テレコン」を無料で利用することができるようになっています。

 

・楽天銀行との投資資金リンクサービス(マネーブリッジ)
楽天証券の同グループの銀行である「楽天銀行」に口座を解説しておくと、預金と投資資金をリンクさせることができます。 また、その際の預金金利が高くなります(0.10%)。
参考:楽天銀行の評価・評判(外部サイト)

 

楽天証券公式ホームページ

 

スポンサーリンク

 

株式投資に役立つ情報サービス・ツール

 

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報