株初心者のための株式投資講座チャート分析講座ローソク足の基礎知識>小陽線・小陰線

小陽線・小陰線 / ローソク足の基礎知識

小陽線(しょうようせん)とは、実体部分が小さい陽線。一般にはヒゲの付き方などとも複合的に判断されます。小陰線は逆に、実体部分が小さい陰線。

スポンサーリンク

小陽線のローソク足 基本と活用例

小陽線(図の右)は実体部分が小さい陽線。実体部分が小さいものはコマ、カラカサなどとも呼ばれます。過去の動きと比較して実体部分が小さい場合は相場の迷いと取ることもできます。

小陰線(図の左)は小陽線の逆ですね。

 

ローソク足の基本形

<このカテゴリのまとめページに戻る>「ローソク足分析」(チャート分析講座

 

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 



運営情報