株初心者のための株式投資講座チャート分析講座ローソク足の基礎知識>上影陽線・上影陰線

上影陽線・上影陰線 / ローソク足の基礎知識

上影陽線・上影陰線とは、それぞれ上方向にヒゲがある陽線と陰線を指す。基本的にはどちらのケースでも相場の勢いが衰えてきたことを示す足となっています。

スポンサーリンク

上影陽線・上影陰線のローソク足 基本と活用例

上影陽線(図の右)は、相場がやや弱いことを示すローソク足チャートです。一旦買い上がったものの、最終的には落ちて、始値よりは高いものの下がって終えた形。

上影陰線(図の左)は、上影陽線よりもさらによわく、買い上がったものの、その後は下がり、始値を割った水準に下げて終わった形です。

特に高値圏での出現はいずれも相場の転換を示すことが多いローソク足となっています。

 

ローソク足の基本形

<このカテゴリのまとめページに戻る>「ローソク足分析」(チャート分析講座

 

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 



運営情報