株初心者のための株式投資講座証券会社徹底比較手数料で比較>定期定額手数料

定期定額手数料 / 証券会社手数料比較

定期定額手数料とは、一定期間(通常は1ヶ月程度)の定期期間において予め定められた上限回数の範囲を定額の手数料でカバーするというタイプの手数料です。ごく一部の証券会社が提供しています。取引の回数が少なくても多くても手数料は変わりませんが、上限回数で見ると手数料がかなり安くなるという特徴があります。

定期定額手数料のしくみ

定期定額手数料とは、一定期間において一定の回数の範囲内であれば1ヶ月程度の定期期間においての手数料が固定されるタイプの手数料体系となります。多くの場合は、チケット制のようになっていて、○月〜○月までの一ヶ月間に50回までの取引手数料を○○円でというような形式となっていることが多いです。
多くの場合、月間に50回程度の上限を設定しており、これに対する手数料が1万円程度といったところです。定期定額手数料のメリットは1回あたりの手数料が約定ごと手数料一日定額手数料と比較してかなり割安になるということです。一ヶ月に上記程度の回数の取引をするというのであれば、定期定額手数料は投資家の手数料をかなり引き下げてくれることになるでしょう。

基本的に取引回数が多いデイトレーダーのようなタイプの方に向いている手数料体系といえます。

 

定期定額手数料 証券会社ランキング

各証券会社の定期定額手数料をランキングします。

 
コース
手数料・コメント
50回コース
手数料:10,500円
月に50回まで無料で取引できる。
100回コース
手数料:21,000円
月100回まで無料で取引できる。

上記手数料は2013年4月2日調査時点のものとなります。

 

はじめての証券会社におすすめのネオモバ

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の申込はこちら

株初心者、入門者の最初の証券会社としておすすめ。
1株単位で株の売買ができる単元未満株取引が可能です。手数料も月間取引50万円までなら実質20円と格安。

また、投資経験者にとってもサブの証券会社として口座を持っておくと投資の幅が広がる

 


ネット証券ランキング

その他証券会社・投資サービス

大手総合証券ランキング


運営情報