株初心者のための株式投資講座株式売買の仕組み>株取引の基礎講座

人気証券会社ランキング

株取引の基礎講座 株取引のルールや仕組み

株取引の基礎講座では、株式投資の売買における単位や値動き、株式売買における株式の受け渡しや配当・株主優待など株式投資を行う上で知っておきたい様々な項目についてそれぞれをわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

株取引のルールや基本を押さえよう

株式投資には様々なルールや仕組があります。基礎講座では、株を売買する上で確実に抑えておきたい基本を解説していくコーナーとなっています。特に注文方法や株の売買状況の見方などは株式投資をするならまずはじめに覚えておきたいところです。

投資初心者の方でもわかりやすいようなるべく専門用語は使わずに解説していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

株式の取引時間(立会時間)

株式は証券取引所において売買されていますが、取引時間は決まってます。現物株式の場合、取引時間は午前9時〜午後3時(15時)までとなっています。この時間のことを「立会時間」と呼びます。この取引時間に関しては色々な用語が関連して出てきますのでまとめて覚えてしまいましょう。
>> 株式の取引時間(立会時間)についてもっと読む

 

株式の売買単位

株式の売買単位について解説します。株式は通常1株〜1,000株までの単位を1単元としてそれぞれの企業が定めている単元株数によって売買が行われます。そのため、それぞれの企業により株式の売買単位は異なります。
>>株式の売買単位についてもっと読む

 

株式の注文方法

株式の売買を行うには売買注文を証券会社に対して出す必要があります。しかし、証券会社での株取引における注文は単なる買いや売りではなく、購入価格の設定などによりいくつかの種類があります。ここでは、株式の注文方法についてわかりやすく解説していきます。
>>株式の注文方法についてもっと読む

 

株価の決まり方(板寄せとザラ場寄せ)

株式投資において疑問として多いものに、株価(株の値段)はどのようにして決まるのか、ということが挙げられます。ここでは、株価とはどのようにして決定するのかを現在日本の株取引で行われている板寄せとザラ場寄せという二つの方法をそれぞれ解説していきます。
>> 株価の決まり方(板寄せとザラ場寄せ)についてもっと読む

 

板(気配値)の見方

板(いた)とは気配値(けいはいね)とも呼ばれるもので、取引されている株式に対して証券取引所に対して寄せられている売買注文の状況を知るためのツールで、株式の取引において板(気配値)の見方は最低限理解しておきましょう。
>>板(気配値)の見方についてもっと読む

 

株価の歩み値と呼び値

歩み値(あゆみね)とは、特定の株式銘柄についての、いつにどれだけの株数がいくらの株価で約定(売買成立)したのかを示す表のことを指します。株価の推移を人の歩みに見立てたもので、株式売買の活発度合いとその規模などを見ることができます。また、呼び値とは、株式の売買注文における最低金額のことです。
>>株価の歩み値と呼び値についてもっと読む

 

株価の値幅制限

株式市場では、急激な相場変動により混乱が起きないよう、相場の加熱を抑えるためのサーキットブレーカーと呼ばれる制度があります。その一つとして挙げられるのが「値幅制限」と呼ばれる制度です。値幅制限は一日の売買による価格変動を一定範囲とすることで、相場の加熱・いきすぎを抑える働きがあります。ストップ高、ストップ安などの用語もあわせて解説します。
>>株価の値幅制限についてもっと読む

 

特買い・特売りとは

特買い・特売りとは「特別気配」と呼ばれる気配の一つで、相場が開いた直後やザラバ中に売りか買いのどちらかの注文が一気に寄せられた場合に行われる措置のことです。通常、相場が開いた直後は板寄せ方式で株価が決定して、寄り付き後はオークション方式(ザラバ寄せ)で株価が決定しますが、売り買いどちらかに注文が殺到した場合は、オークション方式から板寄せ方式に一時的に決済方法が変更されます。
>>特買い・特売りについてもっと読む

 

株式の比例配分とは

特別気配の状態で取引が行われれずに、相場が終了(引け)となった場合には、出されている売買注文についての「比例配分」という処理が行われます。今回はこの比例配分という仕組みとストップ高比例配分の株を手に入れるための方法を説明していきます。
>>株式の比例配分についてもっと読む

 

株式の受け渡し

近年はインターネットを使って、すぐに注文を出して決済という形になるので、株式の受け渡しという点は中々実感ししづらい項目です。株式とは、売買したら即日現金化(または株券取得)ではなく、一定の受け渡し日という期日に行われます。このことを知らないと、受けられると思っていた株主優待や配当がもらえなかったり、現金化したいと思ってもできなかったなどのトラブルに発展する恐れもあります。
>>株式の受け渡しについてもっと読む

 

配当金・株主優待を受け取るポイント

配当や株主優待は、企業が株主に対して利益を還元したり、個人株主に対して自社のサービス等を提供したりするサービスのことです。企業によって配当や株主優待に対する姿勢は異なります。ここでは、配当や株主優待のしくみから、これらを上手に活用するテクニックまでわかりやすく解説していきます。
>>配当金・株主優待を受け取るポイントについてもっと読む

 

株式の取得価格(取得価額)のルール

株式を買い付けした時の価格というものは、売買価格(約定価格)になるわけですが、同じ銘柄を異なる価格で買い付けした時の取得価格というものはどのように計算されるのでしょうか?今回は税金の計算にも使われる株式取得価格について解説していきます。
>>株式の取得価格(取得価額)のルールについてもっと読む

 

禁止されている株式取引

株式市場は「フェア(公平)」でなければなりません。公平でないと、不正な取引をする人だけが利益を得て、公正な取引をする人が損をする市場となってしまいます。そのため、株式取引については不正な取引を禁止しています。ここでは、法律等により禁止されている株式取引についてその内容や法律の内容などをわかりやすく説明していきます。
>>禁止されている株式取引についてもっと読む

 

株式投資の投資スタイルを考える

株式投資を始める前に考えておきたいものの一つに「投資スタイル」というものがあります。株式投資を始める前に自分はどのような投資スタイルで株式投資をしていくのか?ということをある程度考えておいた方がいいです。もちろん、後からスタイルが変わることもあるかもしれませんが、投資の目的や目標に応じてどんな投資をするのかがその後の銘柄選びや売買ポイントなどの重要な指針となります。
>>株式投資の投資スタイルを考える」についてもっと読む

 

ロスカットルールを決める(リスク管理)

相場が思い通りに動かなかった時に損失がこれ以上広がらないようにするための対策としてのロスカットルールは重要です。ロスカットとは、買った株が下がった時にこれ以上下がって損失が拡大する前に売ってしまうというものです。今回はこのロスカットルールの重要性について説明していきます。
>>ロスカットルールを決める(リスク管理)についてもっと読む

 

投資する銘柄の探し方

いよいよ、投資をする銘柄(投資銘柄)を選ぶ段階です。株式投資をするとき、その投資対象となる銘柄を探すにはどのようにして探せばいいのでしょうか?今回は、投資対象とする銘柄(企業)をどのような視点で選べばいいのか、探せばいいのかについて解説していきます。
>>投資する銘柄の探し方についてもっと読む

 

投資銘柄の大まかな種類と特徴

投資銘柄(株式)はその企業の特徴や特性、株価水準などから様々な形で分類をすることができます。それぞれの株の特徴を理解しておけば相場や市況が動いた時、こちらもどのように動くべきかがわかります。
>投資銘柄の大まかな種類と特徴についてもっと読む

 

株式投資と格付け

格付け機関(格付け会社)という会社が世界には存在しています。これらの格付け機関では企業や団体などの健全性をA〜Dまでのアルファベットで表記して評価しています。ここでは、格付け会社の信用格付けと株価への影響について考察していきます。
>>株式投資と格付けについてもっと読む

 

株式投資とレーティング

一部の証券会社では個別銘柄に対してレーティングと呼ばれる格付けを行っています。このレーティングとは現在の株価が割高か割安かを判断するための材料としての格付けで一般的には「買い推奨」「保持」「売り推奨」という三つに分類されます。ここでは、そのレーティングと株価についてわかりやすく解説します。
>>株式投資とレーティングについてもっと読む

 

スポンサーリンク

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報