株初心者のための株式投資講座株式売買の仕組み>株価に影響する事柄

人気証券会社ランキング

株価に影響する事柄

株価に影響する事柄では、企業の株価などが変動するその要因について代表的なものを中心になぜ株価が変動していくのかをわかりやすく解説していきます。また、それぞれの事柄におけるインパクトの強さなどを評価していきます。

スポンサーリンク

景気循環

景気循環とは、景気の流れのことを指します。経済というものは、波をうつように流れており、常に好景気状態ということはありえません。ここでは、景気循環の仕組みとその時々で注目される銘柄や平均株価の動きなどをわかりやすく解説していきます。
>>景気循環と株価の関係
金融相場
業績相場
逆金融相場
逆業績相場

 

企業業績と株価

企業の業績というものは、その企業の株価に対して大きな影響をあたえるものです。それでは、具体的に企業業績というものが株価に対してどのようにしてインパクトを与えるのか?ということを投資指標を使いながらわかりやすく解説していきます。
>>企業業績と株価

 

決算発表と株価

企業が自社の業績を発表する「決算発表」。その企業に投資している投資家はこの数字を非常に重要視しています。業績の発表のほか、将来の見通しについても言及されることが多く、決算発表の前後で株価が大きく動くことが多いです。今回はこの決算発表の見方について説明していきます。
>>決算発表と株価

 

金利と株式市場

金利とは、経済の鏡であるともいわれます。金利の動きを見ることで現在がどのような相場状況であるのか?また、今後の金利動向が経済や株式市場に対してどのような影響を与えるものなのかを知ることができます。
>>金利と株式市場

 

為替と株式市場

為替相場の動向も株式市場に対して大きな影響をあたえます。為替の動向が大きく影響を与える原因としては輸出と輸入に関する業種です。特に日本の産業は加工貿易による輸出が大きな割合を占めていますので、為替が相応に株式市場に対して影響を与えることになります。
>>為替と株式市場

 

政治と株式市場

株価というものは経済の鏡といわれるように主に経済的な原因で変動します。しかし、政府は大きな需要の供給者であると同時に需要者でもあります。また、様々な景気対策や金融政策などは経済に対して大きな影響を与えますので、政治動向や有力政治家などの発言も株式市場に対して大きな影響を与えます。
>>政治と株式市場

 

国際情勢と株式市場

株式市場(経済)は日本だけで動くわけではありません。海外の経済状況や事件・事故などの影響により、国内経済に対して大きな影響を与えるということがわかっています。特にグローバル化が進む現在社会においては海の向こうの事件が大きな影響を与えることになります。
>>国際情勢と株式市場

 

自然災害と株価

大きな自然災害についても株価に対して影響を与えることがあります。災害による被害を大きく受けた場合は、将来の収益(業績)に対してマイナスの影響を与えることになりますので、株価は下がる可能性があります。対して復興銘柄などは仕事量の増大により業績が回復することもあります。
>>自然災害と株価

 

気候と株価

気候の変化も株式市場に対して影響を与えることがあります。特に「暑い」「寒い」「長雨」などは一部の企業にとって、収益を大きく変動させる要因ともなります。そのため、大きな気候の変動などは株価に対してインパクトを与えることがあります。ここでは、気候と株価の関係についてわかりやすく説明していきます。
>>気候と株価

 

配当と株価

企業の行う配当は株価に対して大きなインパクトを持つ場合があります。投資家にとって配当は株式を所有している間にもらえる一つの収益ですから、大いに関心があります。ここでは、企業の配当政策がもたらす株価への影響を解説していきます。
>>配当と株価

 

株主優待と株価

個人投資家に人気の高い株主優待は株価への影響も非常に大きい場合があります。特に優待の新設や変更、廃止などは株価に対しても重大なインパクトをもたらすケースがあります。配当と違って、企業都合で変更が容易なので、人気の優待企業に投資をするときは注意が必要です。
>>株主優待と株価

 

増資と株価

企業が新たな事業を展開するために資金が必要になったときに、「増資」と呼ばれる手段により資金調達を行うことがあります。増資は企業にとっては株主資本(資本金)が増大することでより経営基盤が強化されるという面がある一方で、発行済株式総数が増加することによるマイナスの影響もあります。
>>増資と株価

 

減資と株価

減資とは、資本金を減らす手続きのことで「増資」の対義語となります。一般には経営が悪化した企業などにおいて繰越欠損金を減らす目的で行われます。減資そのものは、たんなる帳簿上の処理であり、BPS(一株あたり純資産)などは不変ですが、多くの場合株式の有利発行などを伴う場合が多く、その場合などは既存株主の持分の希薄化などが起こることがあり、当然株価にも影響します。
>>減資と株価

 

TOBと株価

TOBとは「株式公開買い付け」を指します。これはある株式会社の株式を「買い付け期間・株数・価格」を公告した上で、不特定多数の株主から株式市場外で株を買い集める制度のことです。買収や子会社化、あるいは経営権取得のためなどに行われることもあります。
>>TOBと株価

 

自社株買いと株価

自社株買いとは、自らが発行している自社の株式を株式市場から買い戻すことを指します。目的は株主還元や買収対策など様々なですが、基本的には1株利益(EPS)やROEに対してプラスに作用することになるため、株価にはポジティブだととらえられます。
>>自社株買いと株価

 

上場廃止と株価

証券取引所に上場している株は「上場廃止基準」に抵触した場合株は上場廃止となります。ここでは、うれしいことではありませんが、保有する株式が上場廃止になった場合の株価について考えます。基本マイナスですが、廃止の理由などにより株価の値動きも異なります。ここでは、パターン別に上場廃止と株価への影響を考えていきます。
>>上場廃止と株価

 

スポンサーリンク

 

 



 
楽天証券


カブドットコム証券


運営情報